mojoたちの26時

気になる本や映画、カード、小物などを綴って・・・

魔女の契り 上・下 《デボラ・ハークネス》

f:id:yumemabo:20161123195118j:plain

魔女の目覚めの続編 3部作の2作目です。
“種”の起源にまつわる写本の謎を解く為、魔法の力を使って過去へ・・・


現役の歴史学者がファンタジーを書いているので、描写がとても美しく映画にして欲しいと思う程です。

《内容紹介》

オックスフォード大学図書館に眠っていた一冊の写本。
錬金術をひもとくその古文書には、世界を揺るがす強大な秘密が隠されていた……。
魔女の血を引く歴史学者と天才科学者のヴァンパイアが活躍する絶賛ファンタジー!

《内容(「BOOK」データベースより)》
魔女の家系に生まれながら、魔法を否定して生きてきた歴史学者ダイアナ。
だが一冊の謎に包まれた写本と天才科学者のヴァンパイア、マシューとの出会いが彼女の運命を一変させる。
ふたりを結びつける強い絆、さらにダイアナの呼び覚まされた未知なる力は、闇を総べる者たちを脅かすに十分だった。
運命にあらがうため、ふたりは“種”の起源にまつわる写本の行方を追って16世紀末のエリザベス朝イングランドへたどり着くが、
そこで待っていたのは、マシューのかつての仲間で、“夜の学派”と呼ばれる急進派思想の者たち、
そして、ヨーロッパに忍び寄る魔女狩りの不気味な足音だった―。

 

 f:id:yumemabo:20161123195627j:plain

《内容(「BOOK」データベースより)》

つぎつぎと迫りくる危難を逃れ、各地を追われるマシューとダイアナだったが、ようやく写本の手がかりが見つかった。
ふたりは一路、皇帝ルドルフ2世の待つ神聖ローマ帝国の都プラハへ旅立つ。
しかし、ついに謎が解かれると思った矢先、予想だにしない事態が生じ、ロンドンの街で思わぬ人物と再会することに…。
はたして彼らを待ち受ける宿命、そして幻の写本に隠された恐るべき秘密とは!?
エリザベス1世、女王の寵臣ウォルター・ローリー、劇作家クリストファー・マーロウ、
若きシェイクスピア―16世紀を彩る様々な人物が物語に命を吹き込む、絶賛ファンタジー“オール・ソウルズ・トリロジー”第2弾。