読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mojoたちの26時

気になる本や映画、カード、小物などを綴って・・・

傑作!広告コピー516―人生を教えてくれた

f:id:yumemabo:20161128222331j:plain

不思議大好き!!おいしい生活

1980年代におこった広告コピーブーム

本が好きな人はもちろん!!本を読むのが苦手・・・という方にもお勧め!!

字が大きいからってことではありませんよ。

頷いたり、笑ったり、そうそう!!とか・・・

「知ってる!!」人も「知らなかった!!」人も

インスピレーションとイメージの世界を存分にを楽しいんでください!!

《内容(「BOOK」データベースより)》


不思議、大好き。」「おいしい生活。」「好きだから、あげる。」
―1980年代に突如巻き起こったコピーライターブーム。
彼らが時代の空気を敏感に嗅ぎ取り、鋭く表現した広告コピーは、消費者だけではなく社会そのものを揺り動かした!
80年代以降の傑作コピー516本に解説、制作履歴を付けた永久保存本の決定版。

 

ナルニア国物語(映画)

映画

 

f:id:yumemabo:20161128215226j:plain

現在、映画はライオンと魔女』(2005年)、カスピアン王子の角笛(2008年)、アスラン王と魔法の島(2010年)

の3作品が公開されていて、『ライオンと魔女』と『カスピアン王子の角笛』は何度となくTVでも放映されています。

原作は7部のイギリスの児童文学ですが、恥ずかしながら実は小説は読んだことがありません。

『タンスからファンタジーの世界に行く』話。というとファンタジー映画を意識していない方でもわかるかもしれません。

子供達が別世界に行き、王、女王となり、ナルニア国を救っていくお話です。

現在の3作とも、とても好きですが、特に元気をもらいたい時には『カスピアン王子の角笛』を観ます。

どうも、他の人と感動箇所が違う事も多いのですが、

王であり王女であるといっても、まだ少年少女達が、ナルニア国を守る為に、
剣を持ち、弓を引き、先頭にたって闘っていく姿に感無量で・・・

『なぜ、少年少女が命をかけて闘うのか・・・その覚悟って・・・』
と思わざるを得えなく、始めの頃はそのシーンでいつも涙、涙・・・。

そして『彼ら彼女らは、年若くとも、一国の王であり、女王』なのだと、また涙、涙・・・(笑)

子供から大人になる成長を楽しみなながら、私達が忘れた何かが描かれているのではと・・・

<ストーリー>

第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の4人の兄妹-ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーは、
ロンドンの空襲を逃れて田舎に住むカーク教授に預けられる。古めかしく広大な教授の屋敷は、子供たちにとって最高の探検場所。
好奇心旺盛な末っ子のルーシーは、“かくれんぼ”をしているうちに、空き部屋で大きな古い衣装だんすをみつける。

いつしかルーシーは雪に覆われた真夜中の森に立っていた。そこは、ナルニア-言葉を話す不思議な生きものたちが暮らす魔法の国。
かつて、偉大なる王アスランが作ったこの素晴らしい国は、美しく冷酷な“白い魔女”によって、100年もの間、春の訪れない冬の世界に閉ざされていた。
逆らう者を石像に変える“白い魔女”への恐怖と、心まで凍てつくような寒さの中で、
ナルニア国の住人たちはひたすらに王アスランの帰還を祈り、語り継がれてきたひとつの《予言》に希望を託していた。

ルーシーが衣装だんすを通り抜けた時、ナルニア国の新しい時代は幕を開けた。
時に、ナルニア暦1000年-ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシー・・・
二人の“アダムの息子” と二人の“イブの娘”の壮大なる旅が、いま始まる。
ナルニア国の運命が4人の兄弟の幼き手にゆだねられていることを、彼らはまだ知らない・・・。

 

 

f:id:yumemabo:20161128215417j:plain

<ストーリー>
“伝説の4人の王”として、ペベンシー兄妹が築いたナルニア国の黄金時代から1300年。
今や戦闘民族のテルマール人が支配するこの国では、先王の弟ミラースが摂政を務め、正当な王位継承者であるカスピアン王子の暗殺を企てていた。
危機一髪で城から脱出したカスピアン王子は、逃げ込んだ森の奥深くで、迫害の末に息を潜めていたナルニアの民たちと出会う。
そして、ミラースの配下に追い詰められたカスピアン王子が吹いた角笛は、ロンドンで普通の学生として暮らしていたピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人を再びナルニア国へと呼び寄せた!
すっかり荒廃したナルニアに驚く4人は、カスピアン王子と運命的な出会いを果たす。
そして、ナルニア国の真の平和と繁栄を取り戻すため、暴君ミラースに立ち向かって行く―。
ナルニアの未来を懸けた決戦が、いま始まる。

f:id:yumemabo:20161128215457j:plain

<ストーリー>
ペベンシー兄妹のエドマンドとルーシーは、いとこのユースチスとともに船の絵画を見ているうちに、ナルニアの世界へと引き込まれる。
気づくと彼らは、懐かしいカスピアン王子やもの言うネズミの騎士、リーピチープたちの乗る帆船に乗船していた。
待ち受ける魔法、不思議な生き物や邪悪な影からナルニアを守るため、そして、友であり、ナルニアの保護者でもあるアスランとの再会を果たすため、彼らは海の果てを目指す――。

 

魔女の血族 上・下《デボラ・ハークネス》

f:id:yumemabo:20161123201104j:plain

魔女の目覚め、魔女の契りの続編 3部作の完結編。
過去から現代へと戻り、魔法と科学が種の起源を読み解く。
魔女とはヴァンパイアなどのクリーチャーの種とは、家族とは・・・

もっと続きがほしいな・・・

《内容紹介》

全米ベストセラー初登場1位!

16世紀エリザベス朝ロンドンへのタイムウォークを経て、幻の写本<アシュモール782>の恐るべき秘密に触れたダイアナとマシュー。
現代へ戻り愛する者の非業の死を知らされた二人は、迫り来る戦いのため写本に隠されたクリーチャーの種の起源を読み解くべく、
イェール大学のラボに協力を仰いでDNA解析に着手する。そんななかヨーロッパで起きた連続殺人事件の意外な真犯人が明らかになり……。

 

f:id:yumemabo:20161123201130j:plain

《内容(「BOOK」データベースより)》

世界38か国を魅了した絶賛ファンタジー ここに完結!!

おぞましい事件の裏に、かつて葬ったはずの自らの息子がいると知ったマシューは、
過去を清算するために、ある決断を下そうとしていた。
一方〈アシュモール782〉の失われた最後のページを求め英国へ飛んだダイアナは、
すべてが始まったオックスフォードのボドリアン図書館へ向かうが――。
遂に明かされる写本の真実と、禁断の愛の運命は!? 魔法と科学が織りなすファンタジー巨編、ここに完結!

 

魔女の契り 上・下 《デボラ・ハークネス》

f:id:yumemabo:20161123195118j:plain

魔女の目覚めの続編 3部作の2作目です。
“種”の起源にまつわる写本の謎を解く為、魔法の力を使って過去へ・・・


現役の歴史学者がファンタジーを書いているので、描写がとても美しく映画にして欲しいと思う程です。

《内容紹介》

オックスフォード大学図書館に眠っていた一冊の写本。
錬金術をひもとくその古文書には、世界を揺るがす強大な秘密が隠されていた……。
魔女の血を引く歴史学者と天才科学者のヴァンパイアが活躍する絶賛ファンタジー!

《内容(「BOOK」データベースより)》
魔女の家系に生まれながら、魔法を否定して生きてきた歴史学者ダイアナ。
だが一冊の謎に包まれた写本と天才科学者のヴァンパイア、マシューとの出会いが彼女の運命を一変させる。
ふたりを結びつける強い絆、さらにダイアナの呼び覚まされた未知なる力は、闇を総べる者たちを脅かすに十分だった。
運命にあらがうため、ふたりは“種”の起源にまつわる写本の行方を追って16世紀末のエリザベス朝イングランドへたどり着くが、
そこで待っていたのは、マシューのかつての仲間で、“夜の学派”と呼ばれる急進派思想の者たち、
そして、ヨーロッパに忍び寄る魔女狩りの不気味な足音だった―。

 

 f:id:yumemabo:20161123195627j:plain

《内容(「BOOK」データベースより)》

つぎつぎと迫りくる危難を逃れ、各地を追われるマシューとダイアナだったが、ようやく写本の手がかりが見つかった。
ふたりは一路、皇帝ルドルフ2世の待つ神聖ローマ帝国の都プラハへ旅立つ。
しかし、ついに謎が解かれると思った矢先、予想だにしない事態が生じ、ロンドンの街で思わぬ人物と再会することに…。
はたして彼らを待ち受ける宿命、そして幻の写本に隠された恐るべき秘密とは!?
エリザベス1世、女王の寵臣ウォルター・ローリー、劇作家クリストファー・マーロウ、
若きシェイクスピア―16世紀を彩る様々な人物が物語に命を吹き込む、絶賛ファンタジー“オール・ソウルズ・トリロジー”第2弾。

 

魔女の目覚め 上・下 《デボラ・ハークネス》

f:id:yumemabo:20161123192710j:plain

大人のファンタジー
ハリーポッターシリーズはもちろん楽しいですが、大人の世界も・・・

魔女とヴァンパイア、デーモン、人間が共存する世界。
魔女であることを拒否し、人間の中で人間的に過ごしたいと願って・・・

現役の歴史学者がファンタジーを書いてみたら・・・
描写も美しく、ラブ・ストーリー展開も楽しめます。

《内容(「BOOK」データベースより)》

その本は図書館の奥でひっそりと眠っていた。彼女を待ちわびるように…。
イェール大学の若き歴史学教授ダイアナは、錬金術の研究中にオックスフォードのボドリアン図書館で一冊の写本を手にする。
褪せた金箔が放つ虹色のきらめき、鼻をつく不思議なにおい。
それは彼女に何かを語りかけているように見えた。
由緒ある魔女の家系に生まれながら魔法を否定して生きてきたダイアナはすぐに本を返却するが、
やがて周囲で奇妙な事が起きはじめる。すべてはあの写本が原因なのか?
ダイアナはオックスフォードの教授で天才科学者と名高いヴァンパイアのマシューと共に壮大な謎に取り込まれてゆくが―。

《著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)》
ハークネス,デボラ
南カリフォルニア大学で現役教授をつとめる歴史学者。16~18世紀のヨーロッパにおける魔法と科学の歴史を専門とし、ケンブリッジ大学やイェール大学から学術書も出版している。フィクション作家としてのデビュー作にあたる『魔女の目覚め』は発売前から各国で注目の的となり、世界35カ国での出版が決定。2011年2月にアメリカで発売されるや『ニューヨークタイムズ』、『パブリッシャーズ・ウィークリー』のベストセラーリストに初登場2位で躍りだし話題を呼んだ

 

f:id:yumemabo:20161123193648j:plain

《商品の説明》

《内容(「BOOK」データベースより)》
失われた写本“アシュモール782”を狙う執拗な魔手が迫るなか、マシューはダイアナを連れ故郷フランスへ飛ぶ。
孤高の城で待つのは冷血なヴァンパイアの女主人イザボー。
だが魔女を憎むイザボーと心通わせるうち、ダイアナはマシューに隠された悲しい過去と、驚愕の真実を知ることになる。
そんな矢先、ついに恐れていた事態が!ダイアナは強大な敵から愛する者を守るため、
封印された謎を解き、自らに眠る未知の力を呼び覚ます事を決意するが…。魔法と科学と歴史が交錯する精緻なプロット、
次々とたたみかけるミステリー、胸揺さぶるロマンス新感覚ファンタジー。

シンクロニシティカード

カード

f:id:yumemabo:20161123210528j:plain


今気に入っているもう一つのオラクルカードです。

見本が無かったのですが、カードの写真に惹かれ購入しました。

2枚の種類のカードを同時に引くという新しいカードです。

その行為が問題解決や進んでいきたい方向へのメッセージと共に、
自らシンクロニシティ共時性に気付き、繋げていこうとするものかと思います。

こちらのカードも初心者にも経験者にも使いやすいカードかと思います。

《著者について》
著者FUMITO。ファッション/クリエイティブ プロデューサー、空間演出家/パラレルアース(株)代表

――東北に1300年続く神社の家系に生まれ、自身も國學院大学にて神職の資格を得て、神職としても活躍。
幼少の頃から「共感覚」や特殊な視覚・聴覚能力等を開花させ、見えない存在に対する鋭い感覚を持ち成長する。
現在は、空間演出家・イベントプロデューサーとして数々のコスメブランドや、
海外ファッションブランドのイベント、ファッションショー等を手がけている。
また、東日本大震災以降、幼少の頃からの特殊能力がさらに研ぎ澄まされ、
目に見えない存在からの目に見えるサインも頻繁に受け取るようになる。
「すべては愛と感謝と光である」という高次元からのメッセージを、できるだけ多くの人たちに意識・体感してもらうべく、ワークショップ、講演、執筆活動も積極的に行っている。

著者LICA。ファッション/「zechia」デザイナー、スピリチュアル×クリエイティブリンク/「spicreative link」スクール主宰

――幼少時より目に見えない存在が見える等、不思議な体験を積み重ね、高校生の頃には「現実は全て自分で創っている」ことを知り、大きな夢を描いて、その実現に向けてシフトしていく。
24歳の時、コネなしお金なしの状況で、自らのファッションブランドを立ち上げ、大阪で起業。その2年後には東京・表参道に直営店を出店し、東京コレクションにも参加。さらにビル1棟の大型直営店をオープンさせる。
パリコレクションへの参加、毎日ファッション大賞新人賞受賞、MISIA「アジアツアー」総合衣装プロデューサーなど、デザイナーとしての夢を全て現実化させる。その後、消費するファッションに疑問を感じ、パートナーと共に、思い出と洋服を掛け合わせたアート&ファッション「東京リサイクルプロジェクト」を発表。
ニューヨークMoMA PS1、シドニー、香港、ワシントンD.C.など、世界中の美術館で展覧会を開催。
さらに、セドナでの「ワンネス」の体験を機に、幼少期の不思議な感覚を取り戻し、「望む現実を創る/本当の自分に還る」を主テーマに
スクール「spicreative link」をスタート。
現在も、デザイナーの顔を持ちながら、スピリチュアル×クリエイティブを繋ぐ様々なワークショップ、講演、執筆活動を行っている。

 

WISDOM of the ORACLE  ウィズダムオラクルカード

カード

f:id:yumemabo:20161123205045j:plain

オラクルカードが沢山出ていて、書店でみているだけでも楽しい限りです。

最近新しいカードが欲しくなって購入し、大変気に入っているカードです。


私個人の感想ですが、初心者にも経験者にも使いやすいと思います。
正位置と逆位置とでの説明文があり、始めちょっと驚きましたが、それが逆に52枚が104のパーターンと広がり、しかもわかりやすい内容となっていると思います。


1枚で引いて答えを求めるのはもちろん、3枚などの複数で引いても話が繋がっていきます。

《内容紹介》
『ザ・マップ』著者コレット・バロン=リードの最新カード!
あなたの未来を読み解けるわかりやすいメッセージ
ウィズダムオラクルカード』はシンボルを使用した言葉と対話のシステムです。
52枚のカードからなり、複雑に融合した古代からのさまざまな占いの方法が基本となっています。
カードの中のオラクルは、あなたとスピリットの間の仲介者となって、あなたの運命や宿命について伝えます。
このカードは、あなたから助言を求められるのを待っています。
助言を求めれば、あなたは答えを受け取り、平和、目的、成功、そして愛を手に入れることができるでしょう。

 

《出版社からのコメント》
具体的なテーマを聞くために、カードが持つ5つの意味

それぞれのカードには、基本的な意味と、オラクル、人間関係について、豊かさについて、あなたを守る(逆位置)の5つの意味があり、
全52枚で人生のさまざまな状況に対応する250以上の意味を含んでいます。
人間関係や仕事など、現状の理解を深め問題に対処したいときや、幸せな人生の旅路への具体的な道しるべが欲しいときなど、
イエス・ノーでは簡単に答えられない事柄へのメッセージが欲しいときにおすすめのカードです。
豊かで幸せで充実したあなたの人生の旅路を導く指標とするメッセージを与えてくれます。